LESSON schedule

BASE.  2018-12-09 (日) 14:00~16:00
冬の味覚・かぶら寿司づくり《発酵部》

冬の味覚・かぶら寿司づくり教室を開催いたします。

pixta_44045568_S.jpg

江戸時代の頃から今に伝わる、北陸の冬を代表する伝統食「かぶら寿司」。金沢や北陸各地の正月料理として有名で、米麹の乳酸発酵による独特の旨味とコクから、酒の肴としても好まれています。この「かぶら寿司」には乳酸菌・アミノ酸・DHAなどが豊富に含まれ、その栄養価の高さから優れた発酵食品として近年見直されています。

 

12月の発酵部では、米麹や乳酸発酵に理解を深めながら、北陸の冬の味覚「かぶら寿司」の美味しい作り方をご紹介いたします。今から漬け込んでおけば、正月料理の一品にもなります。

参加者ご自身で漬け込んだ「かぶら寿司」はお持ち帰りいただきますので、持ち帰り用のタッパー(1リットル程度のもの)をご持参ください。年末年始のおもてなしに活躍する「かぶら寿司」を手作りできる貴重な機会に、ぜひご参加くださいね!

 

日 時:12月9日(日)

時 間:14:00-16:00

会 場:EATALK BASE.(川崎市高津区二子2丁目8-8-205)

定員数:12名(最少催行人数6名)

参加費:一人4,860円 *当日現金支払。お釣りのないようにご持参ください。

持ち物:エプロン。お手拭きタオル。持ち帰り用のタッパー(1リットル程度のもの)

講 師:鈴木大輝(発酵わくわく大使 / 発酵居酒屋5料理長)

 

*この講座《発酵部》は、毎月1回、内容を変えて開催する定期開催講座です。毎月必須参加ではないので、行きたい回にのみ参加することが可能です。

《発酵部》は、基本的に第2日曜日に開催され、次回の開催は1月13日(日)14:00-16:00「韓国のソウルフード・自家製キムチづくりとなります。

 

申込方法:下記QRコード、または https://goo.gl/8SnBg5 よりお申し込みください。 

 

 

QR_焚き火deパンづくり.jpg